楽タメ

やってみると意外と楽しい!あなたも私もタメになるブログ!

コーラを飲むと歯が溶ける噂の真相に迫る!それ以上に危険な事実を見つけた!

f:id:music4men:20170920075519j:plain

炭酸飲料の代表とも言えるのがコーラ!最近の若者達はビールよりもコーラやサイダーを仕事終わりに飲む人が多いんだとか!

私は昔、祖父に「コーラばっかり飲むと骨や歯が溶けるぞ」とよく言われていましたが、ガンガン飲んでいました。

本当にコーラを飲むと歯や骨が溶けるのでしょうか?

コーラって美味しいですよね。食事と一緒に飲む時は特に!マクドナルドとコーラなんて鉄板ですよ。

コーラを常飲すると歯や骨は溶けるのか?

コカ・コーラの会社はこう言っています。

コカ・コーラに限らず一般的に清涼飲料には酸味料が含まれており、歯や骨の成分であるカルシウム、マグネシウムを溶かす性質を持っています。なので、抜けた歯や魚の骨を長時間漬けておくと溶けてしまいます。ですが、コカ・コーラは飲み物ですので、人間の骨に直接触れることはなく、歯にくっつくことはないので安心してお飲みください。」

上記の事から、普通にコーラを飲む分には特に問題は無いという事になります。

コーラを常飲すると虫歯の原因になる

コーラを飲む分には歯は溶けないことがわかりましたが、問題なのはコーラに含まれている砂糖の量です。コーラには100mlあたり11.3g含まれています。

500mlのペットボトルで角砂糖15個分です。ちなみにスポーツドリンクで10個入っています。

成人が1日あたりに摂っていい砂糖の摂取量は、だいたい25gとWHO(世界保健機関)が発表しています。角砂糖1個の重さはおよそ3gから4gになりますので、15個だと余裕でオーバーしています。

スポーツドリンクもオーバーしているんですけどね(笑

ということで、歯はコーラで溶けているというよりも、虫歯で溶けているというのが正しい。

コーラに限らずそこらへんに売られている清涼飲料はどれも砂糖を使用しているため、どれも虫歯の原因になりやすいんですね、

 

コーラの飲み過ぎで発がんの危険性がある

コーラには発がん性物質が含まれていることがアメリカで発表されました。コーラの黒い色はカラメルを使用しています。

このカラメルは、砂糖とアンモニア亜硫酸塩を高温高圧で反応させるのですが、その時にメチルイミダゾールという発がん性物質が発生するらしいのです。

癌を引き起こす食べ物飲み物ランキングでもコーラは第4位に位置しているんです。

加工肉やお菓子、ノンカロリー飲料も発がん性物質は入っています。これらを全部やめろ!って言われてもやめられるわけがないじゃないか!(笑

と私は思います。カラダに悪そうなものほど美味しそうに見えますからね。脳の欲求には逆らえ無さそうです…

 

コーラの大量摂取は命が危険!1日3リットルで突然死!

イギリスのある男性が30歳で息をひきとった。原因は、20年間続けていたコーラの大量摂取によるものだ。前日までは元気だったそうだ。

母親の話によると、その男性は10歳くらいからコーラが好きで、多い時は1日3リットル、普段は2リットル以上を飲んでいたんだとか…

飲み過ぎが原因で、慢性的に喉が渇くようになり、更にコーラを欲するようになった。それにより、男性の肺は普通の人の4倍の大きさに膨らみました。

そして、2012年3月10日に男性がベッドでうつ伏せになって倒れている所を発見。死因は、睡眠中に呼吸困難になりそのまま病死したのだという。

1日3リットルは確かに異常だ。1.5リットルのペットボトルが2本分。誰が見てもカラダに良いとは言えないですね。

そんなに飲む人はいないとは思いますが、もし飲んでいるのであれば今すぐやめてくださいね!

まとめ

コーラは普通に飲む分にはあまり悪影響は無さそうですね。しかし、飲みすぎると色々とリスクが伴います。コーラに限らず、砂糖の入った飲料水は虫歯の原因にもなりますので、飲み過ぎには注意しましょう。

コーラに合う食べ物って多いんですよね!焼肉、ポテト、ハンバーガーなど塩っ気のあるものは特に!

いかにあなたの欲求をセーブできるかがカギになります。