楽タメ

やってみると意外と楽しい!あなたも私もタメになるブログ!

洋式トイレの座りションは他人に迷惑かけないが自分にリスクがある

f:id:music4men:20170929133650j:plain

洋式トイレで座りションをする人が今増えていて、男性のほぼ6割を占めている。場所によってもあるでしょうが、特に自宅や他人の家のトイレは座ってする人が多いでしょう。

しかし、座りションは他人に迷惑をかけることがありませんが、リスクを伴うことがあるようです。その事実を知った時は衝撃を受けました。

洋式トイレの座りションはリスクを伴う!

洋式トイレの座りションにリスクがあるって知ってましたか?私は全然知りませんでした。

だって立ってするのを座ってするのに変えただけでリスクがあるなんて思ってもみませんよね!

男性は、立っておしっこをするようにカラダの構造ができています。なので、座っておしっこをすることは男性には適していません!

立ちながら勢い良く出すことが男性の本来のおしっこの仕方です。

座りションをしてしまうと、尿道が体内で曲がってしまい塞がれてしまいます。そうすると、尿道の途中に尿が残ってしまって、残尿を引き起こしてしまいます。

残尿は前立腺炎前立腺肥大症、排便障害などの病気を引き起こす原因になり、膀胱癌、精巣癌等に繋がる可能性があるようです。

2つ目に、座りションをする際に性器の先っぽが便器に触れたりすると尿道から最近が入り尿道炎や前立腺炎の原因となります。また、EDにもなりやすいんだとか…

不衛生なトイレだと尚更確率は高いです。自宅はキレイにしてあると思いますが、外でするときは立ちションをするか、性器の先っぽが便器に触れたりしないように注意をすることが必要です!

洋式トイレの立ちションで尿を散らさないためにできることは?

立ちションをするとどうしても尿は周りに散ってしまいます。尿を散らさないようにする、またはその後のケアはどうしたらいいのか?

私がやっているのは、便でもそうですが、まずトイレットペーパーを便器の中に敷いておく!こうすることで尿の散らしを軽減できます。

次に、尿が横に反れないために皮をしっかり剥くことと、尿道の先に詰まりがないか確認しましょう。

でないと、予期せぬ方向に尿が飛んでいき後処理が大変になります。

なんでも、TOTOの調査では洋式トイレで立ちションをすると1回のトイレで2000滴以上の尿が散ってしまっているらしいので、トイレをキレイに保ちたいのなら1回1回散った尿を拭き取るか、飛び散らない工夫をすることが必要となってきます。

高血圧の人は立ちションに要注意!

立ちションをするときは、尿を勢い良く出す必要があるので腹筋に力が入り血圧が一気に上昇する傾向があるようです。

高血圧のある高齢者の方は、脳卒中心筋梗塞等になってしまう可能性があります。

結局座ってしても、立ってしても病気のリスクはあるようですが、立ちションのリスクは高血圧の人に対してなので、高血圧でなければ迷わず立ちションをすべきでしょう。

まとめ

立ちションで尿が飛び散ってしまうと、特に女の人に嫌がられますよね!人によっては激怒!なんてことも…

ニオイや汚れもそうですが、なにより掃除が大変になるのが嫌なのでしょう。今では、お母さんが子供に座りションを慣れさせているご家庭もあるようです。

私は場所によって、立ちと座りを使い分けていて、自宅や他人の家では座って、公共トイレ等は立ってするようにしています。

一番驚いたのは病気のリスクがあるということだったので、これからちょっと気にしてしまうかもしれません。