楽タメ

やってみると意外と楽しい!あなたも私もタメになるブログ!

高速道路で目的のIC(インターチェンジ)を通り過ぎてしまった場合は…

f:id:music4men:20171102160753j:plain

高速道路でふと気づくと目的のIC(インターチェンジ)を過ぎてしまったり、混雑して無理な割り込みが出来ない場合に出口に入れなかった時ってありますよね?

実は、そういう時次のIC(インターチェンジ)で係員に申し出れば、入場したIC(インターチェンジ)から目的のIC(インターチェンジ)までの料金で済む事があるそうなのです。

目的のIC(インターチェンジ)を通り過ぎてしまった時の方法をご紹介致します。

目的地のIC(インターチェンジ)を過ぎた時は次のIC(インターチェンジ)の係員に申し出をする!

意外と知らない事ですが、万が一目的地のIC(インターチェンジ)を過ぎた場合は次のIC(インターチェンジ)でも押し出ると入場したIC(インターチェンジ)から目的のIC(インターチェンジ)までの通行料金で済ませる事ができるらしい!

目的のIC(インターチェンジ)を過ぎた際は、次のIC(インターチェンジ)で一般のレーンに進み係員に、目的のIC(インターチェンジ)を過ぎてしまった事を申し出ましょう!

ETCとの共用レーンは避けて下さい!またはETCを抜いておく!トラブルを避ける為にも一般のみのレーンが無難だと思います。

たまに無人のところもあるので、その時は精算機に係員呼び出しボタンがあるのでそれを押して係員を呼んで下さい!

すると、目的のIC(インターチェンジ)に戻れるように係員が案内をしてくれるので、指示に従って下さい!

目的のIC(インターチェンジ)に戻ったら、また一般のレーンで係員にIC(インターチェンジ)を通り過ぎた詳細を告げると当初の通行料金で出ることが出来るのです。

意外と皆さん知らずに諦めて多く通行料を払ってしまう人が多いのですが、そういった対処方法があったんですね!

目的地のIC(インターチェンジ)を過ぎた時、逆走する車両が増えている

高速道路で逆走をする車両がだんだん増えているんだとか!これはかなり危ない事なのでやめて欲しいですね!

普段高速に乗っても私は逆走している車は見たことが無いのですが、結構あるケースなのでしょうか?

というか、凄い度胸をしていますね(笑

主に、高速道路を逆走してくる車両はIC(インターチェンジ)やJCT(ジャンクション)で発生しており、故意に逆走してくるケースの中で5割以上の車両が目的のIC(インターチェンジ)を通り過ぎてしまい戻ろうとする時に逆走をしてしまうケースが多いんだとか!

目的のIC(インターチェンジ)を通り過ぎてしまっても対処方法はあるので、慌てず冷静に次のIC(インターチェンジ)で係員に申し出ましょう!

逆走は一般道でも高速道路でも危険行為なので絶対にやめてください!

まとめ

意外と知らない事実でした!通り過ぎたらもう諦めるしかないと思っていましたが、対処法があったんですね!ちょっと手間がかかりそうですが、本来の通行料金で済ませることが出来るのならやってみる価値はありそう。

1個IC(インターチェンジ)を通り過ぎただけでも、200円300円は変わってきます。ですが、それくらいならいいや!とも思ってしまう金額です(笑

ちょっとした金額でも取り返したい!というのなら試してみるといいでしょう!

もし、目的のIC(インターチェンジ)を通り過ぎてしまったら、焦らず冷静に対処してください。間違っても逆走なんていう馬鹿な行動はやめてくださいね!