楽タメ

やってみると意外と楽しい!あなたも私もタメになるブログ!

結婚式のご祝儀!2万円を包むのは礼儀としてどうなのか?

f:id:music4men:20171104085851j:plain

毎年、私は結婚式に1回は呼ばれるのですが、20代前半の頃は年に3回や4回お呼ばれしてご祝儀貧乏を経験したことがあります。

年齢を重ねるにつれて包む金額も上がってしまってますが、どうしても金銭面の事情3万円じゃ厳しい時ってありますよね?かといって1万円は少ないかな?とも思います。

間をとって2万円じゃダメなのかという疑問がそこで生まれるわけですが礼儀として実際の所どうなのでしょうか?

ご祝儀に2万円を包むのはアリなのか?

本来、ご祝儀は1万円、3万円、5万円と偶数を避けてきりの良い金額を包むというマナーがあります。2万円や4万円など2で割り切れる数字で包んでしまうと「2人が別れる」というイメージを連想させてしまい縁起が悪いとされています。

そもそもご祝儀には「披露宴の食事代」「引き出物代」の費用と新郎新婦への祝い金が含まれています。

ゼクシィの調査によると、食事代が1万円から2万円、引き出物代が3千円から6千円とされているので、およそ2万円前後はかかる計算になります。

ご祝儀の相場とされている金額は3万円がベストですがどうしても3万円はキツいという場合は2万円でも問題ないようです。

しかし、2万円を包む場合は条件があるようです。

ご祝儀に2万円を包んでも大丈夫な条件とは?

基本的に学生や新社会人などの経済面に余裕がない人は金銭面で苦しい場合がありますよね?

こういったケースは2万円でも問題ないようです。学生の場合なら1万円でも問題ありません!実際に私も学生時代の時は、ほとんど1万円しか包んでいませんでしたし、本当に仲良い友達には3万円を包んでいました。

もし、ご自身が結婚式を挙げていて呼んだ友人がその後結婚した場合に3万円を包んでもらっていたら、同じように3万円を包んであげるのがマナーともされています。

なので、金銭面が厳しい人は無理せず2万円を包んでも新郎新婦がご自身の状況を把握しているのなら大丈夫でしょう。

ご祝儀に2万円を包む方法!

縁起を気にする人であれば、1万円札×1枚と5千円札×2枚が理想的!金額は偶数ですが、枚数は奇数になるため「この人は縁起を担いでくれているんだな!」と伝えることができます。

もしも、2万円しか包めない状況であれば、1万円札×1枚と5千円札×2枚をピン札で用意しましょう!

ただ、ご祝儀は基本的に1万円札で用意されるものなので、5千円札が混ざるケースは少ないんだとか。よって、新郎新婦がご祝儀を計算する際に勘違いして5千円札を1万円札と見間違えてしまう可能性があるようです。

確かに、ご祝儀は1万円札で渡すのが理想ですよね。相手を混乱させたくないのなら1万円札×2枚でも包む人は包んでいるようです。

縁起を優先したいのなら1万円札×1枚と5千円札×2枚にして包みましょう!

まとめ

私的には、ご祝儀は縁起を大事にしたい派です。私が仮に結婚式を挙げた際に2万円を包まれても特に気にしませんが、そういう風習が広まっているため、「知っててやってるのかな?」とも思ってしまいますが、枚数が奇数なら少なくても縁起は大事にしてくれているな!と思います。

とはいえ、そこまで仲良くない友達なら最悪断る方法も考えたほうがいいですね。下手に相手に失礼にあたる行動を取るよりは、後日会って食事代や祝の品をあげたりしてもいいかもしれませんね!