楽タメ

やってみると意外と楽しい!あなたも私もタメになるブログ!

この世で一番危ない乗り物は自転車!こんな自転車に要注意5つ!

f:id:music4men:20171109052814j:plain

車の運転中や歩行中に急に自転車が出てきて「コイツ危ねえな!」と思ったことのある人は多いハズ!私は1日に1度はそんな自転車乗りに遭遇します。

自転車を乗っている人にとっては「うるせぇよ」と思う人も多く、車と接触しても自転車が有利という事から堂々と強気に自転車を走らせています。

狭い歩道で歩いていても後ろからチリンチリンとベルを鳴らしなかなかのスピードで追い越していきます。たまに少しだけ接触することも多々あります。

そんな許せない自転車乗り!車の運転中や歩行中に注意すべき事を参考にして頂き、事故を未然に防いでいただきたい!

1.自転車の「ながらスマホ」を見かけたら要注意!

今の時代、スマホでゲームや音楽、地図、動画など人の視線を釘付けにされてしまいます。そんなスマホを見ながら自転車を乗っている人を見かけたら距離をおいてください。

本当に何を考えているのか分かりません。年代問わず「ながらスマホ」をしている人をよく見られ、それによって車と事故を起こす事件も多いです。

道路交通法の条例でも「ながらスマホ」は罰則が与えられるのにも関わらず堂々とやっている人をよく見かけます。

「ながら運転」という事は必ず「片手運転」という事になります。片手運転だけでも危ないというのにスマホを見ながらですから恐ろしい…

携帯電話・スマホの使用運転は列記とした違反行為で道路交通法違反(法第71条第6号)5万円以下の罰金に課せられます。

「ながらスマホ」は前を見ていない時間があります。そんな時にたまたま歩いてたとしたら…

そういった事故を避けるため運転中は必ず離れる!歩行者は曲がり角などよく注意しておく!などを日頃意識しなければなりません。

2.自転車の傘差し運転、特に歩行者は注意!

スマホだけでなく自転車の傘差し運転も片手運転になってしまいますよね?これも立派な道路交通法違反(法第71条第6号)で5万円以下の罰金が課せられてしまいます。

自転車の傘差し運転は特に歩行者の被害が多いです。雨が降って滑りやすい路面で片手運転をしているわけで、それにより転倒して歩行者を巻き込まれる可能性があります。

また、歩行者が差している傘と自転車が差している傘が接触したりし、当然自転車のほうがスピードに乗っているため歩行者の傘がふっ飛ばされてしまう事もあります。

車の運転中、急に目の前の自転車に転倒されてしまったら回避することが難しく、そのまま轢いてしまう事だってあります。

ながらスマホ同様、傘差し運転を見かけたら車の運転中や歩行中は十分距離をとり、歩行中後ろから自転車が来たら隅いっぱいに寄って歩きましょう。

なんでコチラ側が注意しなければならないのか?という疑問にはなってしまうんですがね(汗

3.ヘッドホンをして音楽を聴きながらの自転車運転

これも1と2同様に「ながら運転」の対象になり道路交通法違反(法第71条第6号)で5万円以下の罰金です。

これは、歩行者にも言えますが車のクラクションや自転車のベルが聞こえにくくなりますよね?

後ろの車の接近に気付かず急に曲がってくる自転車がいます。車の運転中に目の前の自転車にそんな事されたら殺意を覚えますよね?

この場合もしっかりと距離をとることが必要!とはいえ小さいイヤホンや今ではワイヤレスなのもあるので判断がつきにくいのは確かです。

ながら運転に限らず離れるのは当たり前なのですが、それ以上に距離をとってくださいね!

4.曲がり角、交差点、住宅街での自転車飛び出しに注意

何を考えているのか、急に猛スピードで飛び出してくる自転車がいます。死にたいのでしょうか?

私が運転中に前の方で急に角から自転車が猛スピードで出てきて、あと数秒早く行ってたら確実にぶつかっていたと思います。

坂道が多い所は特にスピードに乗っており、自転車のブレーキは車と違って効きづらいため、飛び出してくる率が高いです。

車の運転中は十分に減速しカーブミラー等を確認しながら交差点等に進入しましょう!稀に無灯で走っている自転車がいるので、夜間は特に注意です!

5.横断歩道がない所で、対向車の停車中は間からの飛び出しに注意

車を運転中は、横断歩道が無い所でも対向車の停車中、車と車の間からの自転車の飛び出しに要注意です。これは自転車だけでなく歩行者も急に出てくることがあります。

過去に車と車の間から飛び出した自転車が車にハネられ自転車の後ろに乗せていた幼児を死亡させてしまったケースがあります。

片側一車線の道路は対向車が渋滞等で詰まっていたら、自転車も渡れると思って飛び出てくる可能性が高いです。十分に注意して運転しましょう。

大型のバンやトラックの後ろは見えにくいので注意!普通の乗用車ならなんとか確認出来るレベルですが、夜間は対向車のライトにより見えにくくなるので気をつけて運転して下さい!

歩道を自転車で走るな!かといって、道路脇も邪魔くさい!

歩行者が思うことは、歩道で自転車を走らせている人に対して、「なんで歩道で自転車走らせてるんだ!」ですが、車を運転している人にとっては道路脇で走られても邪魔で仕方ありません。

つまり、自転車はこの世で一番邪魔で危ない乗り物です!(笑

年々、歩行者と車の対自転車事故が多発しています。自転車が歩行者に被害を与え、賠償金の額が1億を超えるというケースが2013年に神戸でありました。

私は自転車には乗らない人なので、歩いている時も車を運転している時も自転車が本当に邪魔でイライラしています(笑

しっかりルールを守って乗ってくれれば全然良いのに、マナーの悪い自転車乗りが多いのでせっかくの便利な乗り物が台無しです。

そういったマナーの悪い人達によって歩行者や車の運転手には自転車は毛嫌いされています。

まとめ

とにかく、自転車を乗っている人はしっかりルールを守って運転してもらいたいですね!捕まったり事故をして後悔するのは自転車側ですし、車にハネられてしまっては高確率で大怪我です。

「私は大丈夫」という考えはお互い捨てるべきでしょう。

先程も言いましたが、本当によくよく考えると自転車って迷惑な乗り物ですね(笑

自転車も免許を取らせればいいんですよ。と私は思います。

警察の方にはしっかりと取締ししていただいて、自転車の事故を未然に防いで頂きたい!そして自転車を乗る側も一人一人が注意して運転していただきたいものです!