楽タメ

やってみると意外と楽しい!あなたも私もタメになるブログ!

子供に負ける程オセロが苦手!ココさえ押さえれば誰とでも対等になれる!

f:id:music4men:20171115103905j:plain

誰でも知ってるオセロゲーム!黒と白の石を使って最終的に石の多さを競う単純なのにとても奥が深いゲームです。

簡単なルールで、覚えてしまえば子供から大人まで楽しめるゲームですが、人によってはなかなか勝てない!人も多いハズ。

最初は私の色で染まっていたのに、気がつけば私の色が無い!なんて事もありますよね?

今回は絶対に勝てる!とは言いませんが、最低押さえておくべきポイントをご紹介します!これさえ押さえておけば、大負けする事も無くなりますし、ある程度の人とは対等に渡れるでしょう!

難しいことは無しにしてご説明致します。

オセロは序盤から自分の色に染めにいってはダメ!

オセロは、最終的に自分の色が多いほうが勝ちですが、序盤から自分の色に染めにいってはダメ!

序盤は少なく取るというのがセオリーとなります。私の経験上、序盤で多く取るとほとんど負けます。なぜなら、自分の色が多いと以降のターンで石を置ける場所が少なくなり、取りたい所が取れなくなります。

逆に考えれば、相手の色が多い場合は色んな所に石を置くことが出来るので優位に進めることができるのです。

オセロは最後の最後で大逆転が可能なゲームなので、序盤は控えめに取っても問題無いのです!

オセロは端や四隅をなるべく抑える!

オセロで四隅を抑えるのはもはや常識です。なぜなら、角を取ってしまえば色を変えられることは無いからです!なので四隅を取ってしまえば最低でも最後には4枚残るというわけです。

勝率は高いですが、必ず勝てるということではないようです。現に、私は何度が負けています(笑

終盤で角を取られるとだいぶ痛い。終盤は石で埋め尽くされているため下手をしたら大逆転されてしまいます。なので早めに角を押さえて逆転を防止するといいかもしれません。

ただ、相手も四隅を狙っているので、なかなか取らせてはくれません。お互いに意識しているとだいたい終盤で角の取り合いになります。

正直、そこからはほとんど運だと思っていますが、私はなるべく角を押さえる時は角に隣接するマスも取らないようにします。というかとってはいけません。

角に隣接するマスを取るという事は自分が角を取れなくするという事なので、相手に取らせるように誘導することが必要となります。

そして、端もなるべく押さえていくと優位に進めることができますが、隣などを取られると一転して不利になってしまうので要注意!

なるべく自分の石の色は中に固める

中心部に自分の色を設置することによってパスを回避する、または打てる場所を増やす効果があります。

相手に真ん中中心で取られてしまうと自分の石が相手の石を覆う形になるので、置ける場所が少なくなり最悪パスすることになります。

もし、中心に相手の色が固まっているのなら序盤に間を割るような形で自分の色に染めていきましょう!

真ん中に自分の色を密集させることで、置ける場所を多くし試合展開を優位にすすめることが可能です。

まとめ

今回は、難しいことは一切無しにしました。正直どんなゲームでもそうですが、深く入り込めば入るほど訳がわからなくなり、混乱してしまいます。

ある程度簡単な部分を押さえて、初心者同士いい勝負が出来ればそれでいいのです。

人生でオセロをやる機会なんて極めようとしている人以外はそんなにいないと思います。子供とたまにやるくらいでしょう!

でも、大人でも負けず嫌いの人はいるはず!そんな時は、上記の事を押さえて打ってみると意外と勝てたりしてしまいます。

私も、オセロを打つ時はこれらを意識して打ってますが、なかなか勝率はいいですよ!