楽タメ

やってみると意外と楽しい!あなたも私もタメになるブログ!

茶色いゴマみたいな虫は何?ある事をしたらパッといなくなった!

f:id:music4men:20180816003840j:plain

家の中によく出る茶色いゴマのような虫。

私は、今の家に長年住んでいますが、この虫が出たのは今回が初めてでした。

調べてみると、その茶色いゴマのような虫は「シバンムシ」というらしい。

そんなシバンムシがある日を堺にパッと消えました。

画像は気持ち悪い人もいると思うので載せていません。

シバンムシの特長、発生条件とは?

いつものように部屋で過ごしていたら、壁に茶色いゴマのようなものが引っ付いていたんです。

それは「シバンムシ」と言い、日に日に数を増していく訳です。

毎日見ない日は無いくらいに大量に現れ、体に引っ付いてはビクッとなっていました。

シバンムシには、「タバコシバンムシ」と「ジンサンシバンムシ」の2種類が存在します。

タバコシバンムシ

タバコの葉を食す事からタバコシバンムシと名前がつけられました。

体長は約2.5mmと小型で、ゴマのような形をしています。主に、パンや小麦粉、乾麺、ドライフラワー、乾燥食品、ペットフードなど乾燥した植物性の食べ物から発生します。

畳からも発生する事があり、畳を食べて生き延びる虫です。

発生時期は5月~10月に姿を現します。

ジンサンシバンムシ

タバコシバンムシと同様、乾燥食品から発生します。違いとしては、タバコシバンムシは畳を害しますが、ジンサンシバンムシは畳を害さない事。

主に、木材、建材、本棚など本や木材を食べる習性を持ちます。

名前の由来は、生薬の朝鮮人参の害虫、人参シバンムシ、ジンサンシバンムシとして名付けられました。

乾燥食品を好んで食べる所は、タバコシバンムシと変わらず台所等でよく見かける虫です。

発生時期は4月~11月に姿を現します。

タバコシバンムシとジンサンシバンムシの違い

タバコシバンムシとジンサンシバンムシは、乾燥食品を好んで食べ、温かい地域でよく見られます噛んだり刺したりといった事はしません

違う点としては、タバコシバンムシは畳に害があり、ジンサンシバンムシは畳に害がありません

また、ジンサンシバンムシは木材、本を害しますが、タバコシバンムシは木材、本を害しません

見た目は、どっちも小さな茶色いゴマのようなもので、とくに違いはありません。

どちらにせよ駆除方法は一緒なので、見分ける必要はないでしょう。

 

シバンムシがパッといなくなった理由

家の中にシバンムシが10匹くらいに溢れかえり、頭を悩ませていた私。

発生している場所が分からなく、台所を見ても見当たらず、私の部屋にだけシバンムシが存在していました。

ということは、私の部屋が発生源?

毎回考えても、どこが発生源か分からなく、もうシバンムシ用のバルサンを炊こうか考えていた時でした。

私はある物に目が止まりました。

賞味期限の切れたタバコです。

吸わずに3年以上放置していたタバコがカートンでありました。美味しくないタバコだったので、いつかお金に困ったら我慢して吸おうと考えていたタバコです。

そっと中を覗いてみましたが、特にシバンムシらしきものは見えなかったのですが、原因はこれしか考えられなかったので、ゴミ箱へ捨てました。

すると次の日から、パッタリと現れなくなったのです。

残りの残党を排除して、今では綺麗サッパリいなくなりました。

賞味期限が切れたタバコを放置しておくとシバンムシが発生するという事が分かりました。

どうやらお茶っ葉とこでも発生するようなので、賞味期限の切れた乾燥したものを放置するのは、シバンムシが発生するのですぐに廃棄したほうが良いんですね。

今では、シバンムシのいない快適な生活を送っています(笑

たまに残党は見かけますがね…。

シバンムシを放置するとどうなるの?

シバンムシを放置しておくと、どんどん繁殖して大量発生します。

そして、最悪シバンムシの幼虫に寄生する「シバンムシアリガタバチ」が発生してしまいます

シバンムシアリガタバチは、人を刺します。刺された部分は、痛みや腫れを引き起こし、人によってはアナフィラキシーショックが起こります。

いわばハチなので、刺された場所は3cmほど腫れ上がります。

ですので、シバンムシの放置は絶対にやめましょう!大量発生したら収集がつかなくなります。

シバンムシの駆除方法!

まずは、発生源を特定し、すぐに捨てる事!

食品をある程度見回して、いなければ、クローゼットや本棚をチェックしましょう!

ダンボールや布、緩衝材なども怪しいのでチェックしましょう!

見つけた際に、繁殖しないようにする方法は、以下のアイテムを使用すると良いかもしれません!

 

使い方は、それぞれの使用方法を確認して使ってくださいね!

大量発生したら上記のものに頼るほうが、すぐに駆除出来ます。 

 

まとめ

賞味期限の切れた、乾燥したものはシバンムシが発生します。

もしも、部屋にシバンムシが発生した場合は、乾燥したものを一通りチェックしてください。

同じことを言いますが、放置はやめましょう!家の中にハチを大量発生させるようなものなので、見つけたら発生源を特定し、対策してくださいね。