楽タメ

やってみると意外と楽しい!あなたも私もタメになるブログ!

炊いたご飯の保温時間のリミットは?

f:id:music4men:20210708205144j:plain

日本人ならお米でしょ!

という事で、今回はご飯を炊いた後の保温はどれくらいが限界なのか?

ずっと放置しておくと透明なペラペラしたやつや、黄色く変色している場合があります。

炊き立てでジャーを開けるとベチャベチャで水っぽいし…

以上の事を詳しく解説していきますので、お役に立てたらと思います。

ご飯の保温時間のタイムリミット

 ご飯を炊いたらどれくらい保温で放置しておく事が出来るのでしょうか?

たいていの方は、保温で放置せず冷凍にして保存している方もいらっしゃるでしょうが、ここは敢えて炊いたご飯のタイムリミットをご紹介致します。

基本的に、保温で置いておける時間は12~15時間!およそ半日です!

この時間を過ぎる場合は、冷凍など保存方法を変えなければいけません!

また、5~6時間を境に、ご飯の水分が抜け始めて食感が悪くなってしまったり、黄ばみ出してパサパサになり始めます。

 なので、ご飯が美味しく食べれるのは5~6時間までという事になります!

また、炊飯器によって保温の性能が変わってくるので、以上の話は一般的な話であって優れた炊飯器ならば美味しく食べれるまでの時間に多少変化が出てくるでしょう!

保温におすすめな炊飯器

 ここからは、保温におすすめな炊飯器をオススメしていこうと思います!

チェックすべきは、それぞれの炊飯器の最長保温時間!

長いもので40時間も保温しておけるという炊飯器もありますので、是非チェックしてみてください!

ZOJIRUSHI NW-VH10-TA

1~3人向け、3~5人向けとサイズが選べて、最長保温時間は30時間

お米の芯までしっかりと吸水させて、ご飯そのものの旨味を引き出す「熟成炊き」が可能。

また、「うるつや保温」「高め保温」と2つの保温方法を選択でき、底にあるセンサーが保温に最適な温度でコントロールし、水分蒸発を抑えて長い保温を可能にしています!

また、長い保温でもあたたかいご飯を食べたい方は「高め保温」がおすすめ!

 

 日立 RZ-W100CM-K

この炊飯器は、スチームを使用し最長40時間保温が出来る代物

日立独自の、ご飯の一粒一粒丁寧に炊き上げる「極上ひと粒炊き」機能を搭載しています!

また「極上しゃっきり」「極上もちもち」「極上ふつう」と炊き方も豊富で是非使って食べてみたい炊飯器です!

 

おいしく冷凍保存する方法

保温時間ををオーバーしそうなら、冷凍保存がオススメ!

一度凍らせて解凍して食べる?美味しくないのでは?と思う方もいらっしゃると思いますが、冷凍保存でも美味しく冷凍できる方法があるのです!

これから、美味しく冷凍保存できる方法をご紹介しましょう!

1.炊いたらすぐご飯を包む

炊き立て後にすぐラップをして冷凍保存するのがオススメ!

炊き立ての湯気ごと包み込めば、水分がラップの中で留まり解凍後もフワフワのご飯が食べれます!

冷凍する際は、アツアツの状態ではなく少し冷ましてからにしましょう!

アツアツのままだと冷凍庫内の温度を下げ、他の食材を痛めやすく、包んだご飯のラップ内に霜が出来やすくなってしまいます。

ご飯を炊いた後、余りが出そうだと感じたら余りそうな分だけ炊きあがった時に冷凍保存しておくと良いかもしれません!

2.小分けにして包む

ご飯を包む時は、だいたいお茶碗1杯分(150g)ずつ包んでいきましょう!

多く包んでしまうと解凍の時に、電子レンジ等で温める際、中だけ冷たくなってしまい温めにムラが出来てしまいます。

この事から、ラップに包む時はご飯を平らにして包む事をオススメします!

 

保存期間はだいたい1ヶ月が目安となります。それを過ぎると徐々に水分量が減りパサパサになってしまいますので注意しましょう!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回炊いたご飯の保温時間のタイムリミットを紹介しました!

まとめると、

  1. 美味しく食べれるのは5~6時間
  2. 一般的な保温時間は12~15時間
  3. 炊飯器によって最長保温時間は異なる

となります。

それ以降は、冷凍保存をするなり食べるなりして対処しましょう!

美味しいご飯を食べて身も心も幸せになりましょう!