楽タメ

やってみると意外と楽しい!あなたも私もタメになるブログ!

【飲みすぎ注意】コーヒーは1日に〇杯と決まっている!

f:id:music4men:20210727230902j:plain

皆さん、コーヒーは1日何杯飲んでいますか?

タバコのお供に、仕事中や仕事の休憩中などでコーヒーを飲んでいる人も多いと思います!

しかし、ご存知の通りコーヒーにはカフェインが入っており、大量摂取は危険とされています!

よって、1日に何杯飲んでい良いかが決まっています!

これから、1日のコーヒーをどれくらい飲んでよいのかをご紹介していきます。

 

コーヒーは1日に〇杯がベスト!

 コーヒーにはカフェインが含まれているのは皆さんご存知でしょう!

このカフェインは摂りすぎると危険とされています。

コーヒーのカフェイン量は100mlあたり50~70㎎含まれており、1杯150~200mlと考えると75~140㎎の摂取となります!

1日に摂取して良いカフェイン量は400㎎とされているので、3~5杯までが許容範囲です!

ちなみに、カップコーヒーは150ml、缶コーヒーは190mlが基本です。

しかしながら、コーヒーにも微糖やカフェオレ、無糖などの種類がありどのくらいカフェインが含まれているのか気になりますよね?

実はどれも50~70㎎くらいが平均なんです!

もちろん種類やメーカーによってカフェイン含有量は異なりますが基本的には、50~70㎎くらいが目安です!

カフェインを摂りすぎるは命の危険!?

カフェインの過剰摂取は、中枢神経系にダメージを与えます。

それによって、

  1. めまい
  2. 心拍数の増加
  3. 興奮
  4. 不眠症
  5. 吐き気
  6. 下痢
  7. 手足の震え
  8. 高血圧
  9. 寿命が縮む

などの健康被害にあってしまう可能性が高いです。

カフェインの摂り過ぎは、血管や心臓などの循環器系に悪く、上記の症状になりやすいとされています!

そして、カフェインを含んでいるものは、コーヒーのみではありません!

次は、カフェインを含むもの達をご紹介します!

カフェインを含む食べ物、飲み物一覧

簡単にカフェイン含有量や1日何杯飲んで良いかなどをまとめてみましたので、参考にしていただけたらと思います!

 

ドリンク編

 ドリンク  カフェイン含有量(100mlあたり) 
 コーヒー  50㎎~70㎎
ウーロン茶  20㎎ 
紅茶  30㎎ 
緑茶(玉露)  160㎎ 
緑茶(煎茶)  20㎎ 
玄米茶  10㎎ 
ココア  20㎎ 
コーラ  10㎎ 
エナジードリンク  30~300㎎ 

 

食べ物編

 ドリンク  カフェイン含有量 
 チョコレート  30㎎
チョコレート(カカオ多め)  60~120㎎ 
ミルクチョコレート  10㎎ 
ブラックガム(1枚)  10㎎ 

 

以上のように 、エナジードリンクは数値が高い!1日1本が限界ですね!

コーヒー以外でも眠気覚まし系のドリンクやお茶系にカフェインは含まれているようです!

妊婦さんや子供はカフェイン含有量が変わる!

 妊婦さんやお子様のカフェイン含有量は、普通と違い減らさなければいけません!

妊婦さんは1日300㎎、授乳中ならば200㎎がカラダに影響を与えない範囲です。

子供は、4~6歳で45㎎、7~9歳で62.5㎎、10~12歳で85㎎、13歳から成人になるまでは、3㎎×(体重/kg)が1日に摂取できる量になります!

妊婦さんで、カフェインを飲んで授乳すると、胎盤を経由して赤ちゃんに届き、低体重で産まれたり、貧血を起こしたりするそうですので気を付けて下さい!

お子様の場合は、カフェインが成人より効き目が強く、寝れなくなってしまったり、利尿作用でおねしょの原因にもなってしまいます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

コーヒーは一日3~5杯!缶コーヒーの場合は、だいたい3~4本が限界といったところでしょうか!

缶コーヒーなんて何本飲んだっていいだろう!と思っていましたが、考えを改めなければいけませんね…

何にでも言えますが、やはり~過ぎは良くないという事なんですね!

皆さんも、カフェインは考えて摂取する事をオススメします!