楽タメ

やってみると意外と楽しい!あなたも私もタメになるブログ!

電子書籍と紙の本を比較!本気で集めるならどっちがオススメ?

f:id:music4men:20210813183225j:plain

電子書籍の普及で、紙の本の売り上げが減り、本屋はどんどん閉店していくのが現状です。

「お気に入りの本は物として持ちたい!」

「試しに読んでみたいから電子書籍で見たい!」

こういった使い分けが出来るようになったので、試しに買って面白くなかったら売るという手間が省けてとても便利な世の中になりました。

 

これから色んな本を本気で集めたいんだけど、ぶっちゃけた話電子書籍「紙の本」どっちがおすすめなの?というのが今回のテーマです!

是非、参考にしてもらえたらと思います!

電子書籍で本を集めるメリット

ではまず電子書籍のメリットからご紹介していきます!
  • スマホタブレットで色んな本を持ち運べる
  • 本棚がいらない、収納に困らない
  • 検索で読みたい本がすぐ見つかる
  • 破れたり汚れたりする事がない
  • 色んな端末で共有できる
  • 24時間いつでもすぐに読みたい本が買える
  • 在庫切れが無い
  • 紙の本より価格が安い
  • 無料で読めたり、セールや読み放題サービスがある
  • 家族や友達に見られたくない本を所持できる
  • 分からない単語をすぐ調べられる
  • 拡大出来るので、目の悪い人にも安心
  • 読むスピードが早くなる
  • 暗いところで読める
とてもメリットが多く、一番大きいポイントは持ち運びが楽なのと収納スペースがいらない事!
また、読みたい本がすぐ購入出来て本屋へ買いに行く手間が無いのがとてもありがたいですよね!

電子書籍で本を集めるデメリット

次に電子書籍で本を集める際のデメリットをご紹介していきます!
  • 読み込みが遅かったり、サーバーのメンテナンスなどで読めなくなる場合がある
  • スマホipadkindleなどの端末が必要
  • LINEや電話などの通知で遮られる
  • 中古本として売る事が出来ない
  • 知人との貸し借りが出来ない
  • 小さい端末や買う場所によって1ページ表示で全体を捉えにくい
  • 読みたい本が電子化されていないものがある
  • 新巻発売日に電子化されない場合がある
  • 元のサービスが終了すると、データが無くなる可能性がある
  • 液晶画面なので目が疲れる、目が悪くなる
  • レビューが良いと流されて買いがち
  • バッテリーが切れると読めなくなる
  • ページを戻したり飛ばしたりが大変
サービスが終わってしまうと今まで購入したデータが無くなる可能性があるのはとても辛いですね…
新巻を発売日に楽しみにしてたのに、電子化が遅れる場合があるのもこれはこれで辛い…

紙の本を集めるメリット

続いて、紙の本のメリットを紹介していこうと思います!
  • 紙のニオイや質感が楽しめる
  • 本棚に収めて、所有感に浸れる
  • ページを飛ばしたり、思い出したい時にすぐ戻れる
  • いらない本は売る事が出来る
  • 中古で安く購入が可能
  • 知人との貸し借りが出来る
  • 液晶ではないので目に優しい
  • 会員登録や継続利用手続きが不要
  • 物として所持すると愛着がわく
  • 読みやすいし集中できる
  • 電子化されていない本も読める
  • 電子書籍よりも記憶に残りやすい
  • 作品によっては繋がる表紙がある
本ならではのニオイや質感、そして持っている本が多くなればなるほど所有感が味わえるのが最高!
ページをパラパラめくって読みたいところからすぐに読めるのが紙の本のメリットだと思います!

紙の本を集めるデメリット

それでは、紙の本のデメリットを上げていきたいと思います!
  • 破れや汚れ、黄ばみなど劣化していく
  • 無くす可能性がある
  • 中古本など誰かが使用した後なので、潔癖の人には辛い
  • 持ち運びが重い、かさばる
  • 収納場所に困る
  • 捨てる時、売る時面倒くさい
  • 保管場所によっては本に虫が湧く
  • 暗いところで読めない
  • 欲しい時にすぐ手に入らない(売り切れ、本やで取り扱っていない等)
  • 買いに行く手間がかかる
一番は、収納場所ですよね!売ろうと思っても「また読むかも」などと愛着がわいてなかなか決断できない場合も…
あとは、徐々に劣化していくと茶色くなったり破れたり汚れが付くともう取り返しがつきません。

電子書籍と紙の本の使い分け

電子書籍と紙の本を使い分けてみたらどうなるのでしょう?

例えば、

  • 本当に大切にしたい、面白い本だけ紙の本で買う
  • 手元に置いておきたくない本(見られたら恥ずかしい本)は電子書籍で買う
  • 長編、短編の本で電子書籍か紙の本で分ける

など、分け方は様々あります。 あとはどこで読む場合が多いかで判断する人もいます。

外出が多く空いた時間に読みたい人は電子書籍、基本的に家でしか読まない人は紙の本を購入するなど!

また、外ではビジネス本や小説、雑誌などを読み家では漫画を読むなら外は電子書籍、家では紙の本と使い分けすると本の持ち運びをしなくて済みますし、本の収納場所も少しは空きが出来るはず!

電子書籍ストアの比較

それではオススメの電子書籍ストアの比較をしてみましたので参考にしてみてください!

ストア名 品揃え ジャンル 特典

公式サイト

eBookJapan 50万冊以上 漫画 Yahoo!プレミアム入会で1000円相当のPayPayボーナス イーブックイニシアティブジャパン eBookJapan
Amebaマンガ 40万冊以上 漫画(女性向けが多い) ・新規登録で1000円分のポイント ・初回100冊まで半額
まんが王国 20万冊以上 漫画 ・初めてのポイント購入で18000ポイント還元 【まんが王国】
スキマ 3万冊以上 漫画   スキマ
DMMブックス 25万冊以上 漫画、小説、ラノベ、ビジネス、写真集、雑誌、アダルト   【DMMブックス】

 

まとめ 

いかがでしたでしょうか?

今回、電子書籍と紙の本によるメリット、デメリットを紹介させていただきました。

どちらも色々なメリット、デメリットを持っており、現状どういう状況でどんな時に本を読んでいるかを把握し、自分に合った方法で好きな本を集めていってください!